ブリタで発がん性物質が取り除けるかフィルター性能を考察
本ページはプロモーションが含まれています。


ブリタで発がん性物質は除去できる?

 

日常の飲料水として当たり前に使っている水道水の安全性に疑問を感じることありますよね。

 

水道局のホームページには、水道水にトリハロメタンなどの発がん性物質が含まれているという記載があります。

 

基準値以下ということなので大丈夫でしょうが、自己防衛する方が安心ですね。

 

ブリタが不純物をしっかり取り除いてくれるなら購入に前向きになりますので、この記事でブリタの発がん性物質の除去についてまとめました。

 

安全な水を飲むためのコツも書いているのでお役立てください。

 

ブリタのフィルター性能

 

ブリタの浄水フィルターは以下の不純物を取り除くことができます。

 

除去項目一覧

・遊離残留塩素:除去率80%
・溶解性鉛:除去率80%
・総トリハロメタン:除去率80%
・2-MIB(カビ臭):除去率80%
・CAT:除去率80%
・テトラクロロエチレン:除去率80%
・トリクロロエチレン:除去率80%
・クロロホルム:除去率80%
・ブロモジクロロメタン:除去率80%
・ジムロモクロロメタン:除去率80%
・ブロモホルム:除去率80%
・ジェオスミン:除去率80%
・フェノール類:除去率80%
・ベンゼン:除去率80%
・シス-1,2-ジクロロエチレンおよびトランス-1,2-ジクロロエチレン:除去率80%

 

特に小さな子どもがいる家庭にとっては心強い除去性能といえますね。

 

水道水自体は基本的に安全とされていますが、浄水場以降の水道管の状態の不安材料も考慮すると、ブリタの利用は合理的な選択といえるでしょう。

 

浄水処理する際に消毒剤として用いられる塩素と原水(水道水にするための処理をする前の水)中の有機物の一部が反応すると、発ガン性があるとされるトリハロメタンができます。このため、水道水中には微量ながらもトリハロメタンが含まれています。しかし、京都府営水道では水道水に含まれる総トリハロメタン濃度は、水道法に定める水質基準値0.1mg/Lよりもかなり低く、安全性に全く問題はありません。
引用元:京都府ホームページ

 

いくら浄水場でキレイにしているとしても、水道管のサビや汚れも心配な要素です。

 

不安要素に対処するためにも、ブリタの浄水器が一役買ってくれることでしょう。

 

ブリタがおすすめの理由

 

それでは、なぜブリタがおすすめなのかを詳しく見ていきましょう。

 

上記で記載したブリタの除去項目に発がん性物質となるトリハロメタンがあります。

 

水道水が基準をクリアしているとしても、トリハロメタンやクロロホルムなどの物質を取り除くことで、より安心して水を飲むことができるのです。

 

そのため、ブリタの利用はおすすめということです。

 

注意点としては、定期的なお手入れをすることでカビや雑菌の繁殖を軽減することです。

 

定期的なお手入れで簡単に雑菌などの問題に対処でき、子供たちに清潔で安全な水を提供できます。

 

なお、フタや容器の凹凸部分はカビが発生しやすいため、こまめな清掃が必要ですが、その手間を惜しまないことが大切です。

 

ブリタはフィルター交換が簡単なのもありがたいですね。

 

カートリッジは最長2ヶ月での交換が必要ですが、その作業は新しいカートリッジを水の中で振って気泡を取り除いた後に交換するだけ。

 

年に6回の交換で継続的に安全な水を提供できるのは、忙しい生活に合った便利なポイントといえるでしょう。

 

 

ブリタ除去率の注意点

 

ただし、ブリタの除去率は80%という点に注意が必要です。

 

残りの20%に対しても心配な方は、静電気の力でウイルスやバクテリアを99%以上取り除くナノトラップフィルターを搭載した「ウォータースタンド」がオススメです。

 

水道直結タイプなので、手間いらずで安心して水を飲むことができます。

 

詳細は下記ウォータースタンドの公式サイトでチェックしてみてください。

 

ウォータースタンドの公式サイトはこちら⇒

 

さいごに

 

ブリタは手軽に安心な水を提供してくれる頼もしい浄水器です。

 

子どもだけでなく家族みんなの健康を最優先に考えるなら、一度試してみる価値はありますよ。

 

毎日の生活をより豊かにし笑顔あふれる日々を作り出すために、ブリタは欠かせない存在になることでしょう。

 

この記事を読んで参考になればうれしいです。

 

おすすめの記事